【大阪地裁平成25年5月23日】の判決がでたけれど。。。基本的には【外れ馬券】購入費が経費算入できるわけではないので注意してね!の巻【2/2】

これの続きです。

 

前回の投稿で、国側と弁護側の主張等について、説明しました(この記事です)。

それでは、裁判所はこの事案について、いかなる判断をしたのか。

 

結論として...裁判所は、皆さんもご存じの通り

 

【Aさんの外れ馬券購入費は、経費として認められる。】

 

としました。

 

 

その理由ですが。。。

Aさんの馬券払戻金が一時所得なのか雑所得なのかの争いについては

 

【Aさんの馬券払戻金は、「雑所得」にあたる。】

 

とし、馬券の購入費は

 

前回の投稿の必要経費のうち②の「その他これらの所得を生ずべき業務について生じた費用」にあたる。】

 

としています。

 

これだけ見て、やっぱ外れ馬券の購入費は、経費なんじゃん!って思い込むようでは危ないです。

裁判所は、以下のような趣旨のことも判決中でキリっと述べています(これもわかりやすくしていますので、裁判所の正確な表現ではありません)。

 

【原則として、馬券購入行為は、一時所得に該当するものです。】

 

【払戻金の獲得は、レース結果という多分に偶発的なものに左右されるものです。また、継続的に馬券を購入していたとしても馬券購入者は、投票する都度、どの馬券を購入するかの判断をしているんだから、やはり、馬券購入行為自体は一つ一つ独立になされており、継続性があるとは評価できません。やっぱり、払戻金は、「一時的かつ偶発的に生じた所得」ですから、一時所得にあたります(一時所得が何かについては、こちらの記事)。】

 
このように述べた上で、Aさんの今回の競馬購入行為については

 

【馬券購入回数が多数であること(平成16年~21年にかけて、ほぼすべて)、購入金額(平成19年~21年にかけて28億以上)が極めて多額であること、その購入の仕方も、専ら回収率のみに着目して、過去のデータ分析から導いた一定条件に合致するものを機械的に選択し、網羅的に購入するもので、長期的な視点から全体的に利益がでるように計算されていること等からすると

各馬券購入行為を全体的に観察して、経済的な業務ととらえることができるから、継続的・恒常性のあるものと例外的にいえますね。

よって、今回に限ってみると、「一時的かつ偶発的に生じた所得」とはいえないですから、一時所得ではなく、弁護側が主張するように雑所得と考えるのが妥当でしょう。】

 

っていって、この点については、弁護側の主張が正しいと判断したわけです。

 

そして、外れ馬券購入費については、

 

【一時所得の限定された費用や必要経費のうち①直接要した費用にはあたらずに、必要経費②にあたる】

 

としました。

つまり、当たり馬券は、当たり馬券を購入したからこそ、手に入れることができたのであり、外れ馬券は直接には関係ないよねってことです。でも、外れ馬券も含めた馬券購入「業務について生じた費用」とはいえるから、必要経費②にあたるってことですね。

 

以上の記事からも、わかったかなと思いますが、裁判所は、今回の事例に限定して、外れ馬券を経費として認めたのであって、普通にレースごとに競馬を予想して楽しんでいる方々には、関係のない話なんですね。

 

まぁ、一時所得って特別控除がある(所得税法35条3項)もあるから、少なくとも年間50万円以上競馬で勝ってる人にしか、関係ない話ですけど、皆さん気を付けてくださいね~

 

それでは~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永吉 啓一郎

永吉啓一郎 愛知県知多市育ち。 弁護士。 新規事業(税務調査士認定講座等)の立上げを中心に活動。ECサイト等ITに強い。

カテゴリー: 法務, 税務

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>