事業ステージによる人材の資質

前回の投稿から、なんと!!!!!!!!!!

7か月以上も間が空いてしまいました。。。。すみません(^ ^;)

 

 

さて、今日の記事は、自分も含めどういう人がどういう形で事業に関わるのが良いのかなぁという日記です。

 

今回は、事業ステージを、僕が勝手に定義します。

① 新規事業をスタート(0を1にするステージ)

② ①の事業を発展させ、安定させる(0を10にするステージ)←ほんとはこの中にも大分ステージがあると思うのですが、多くするとダルい分かりにくくなるので、ざっくりと。)

③ 一度収益化・安定化したと考えられていた事業に変更や新たな機能を取り入れ、もう一歩発展させる(10を11とかにするステージ)

 

①は、まさに何もないところから新しい事業(この段階では「企画」に近いかも知れません。)を立ち上げることで、分かり易く皆さん想像できると思います。

②は、一度立ち上げたサービスをお客様や取引先にとってより良い形にカスタマイズしたり、社内での役割分担等を明確にして、システム化することで、その事業が有している潜在的な力をマックスにしていく作業だと思います。

③は、その事業で、②のステージで具体化した収益性をさらに超えるものに変貌させることです。大企業の事業とかはこのステージにいるものが多いと思います。日本大企業のPC事業なんかは、これがうまくいっていなくて・・・な結果になっているという状態なのかなと。。。

 

で。。。

私は、このステージによって向き不向きみたいなものが生じてくるのかなと思います。

「そんなんよく言われる話やん!!」

とか、言われそうですが、最近実際の経験としてことの辺りを意識することが多くありましたので、 僕の独断と偏見で書いたります!!

 

①(0を1にするステージ)が向いている人

このステージに向いている人は、一種の変人というか、あることにハマりにハマる人だと思います。

実際、僕自身も新規事業の立ち上げ等をさせていただいたことがあるので、少しわかるのですが、とにかくハマりだすと

「飯とかめんどいからコンビニで!」とか、「睡眠時間とかどうでもいいし!」とか、「仕事が遊びです!」みたいなことを言い出します。とにかく、はたから見てるとすごく頑張ってるように見えるのですが、本人は、その事業を立ち上げることがおもしろくてしょうがないので、努力しているつもりは全くない感じです。とにかくエネルギーを爆発させる感じでしょうか 笑 

しかし。。。。この①の人は、往々にして飽きやすい傾向にあるのかな~と思います。1度事業なりサービスなりを立ち上げると一気にモチベーションが下がる人が多いのではないでしょうか(完全な偏見です。すみません 笑)。

 

②(1を10にするステージ)が向いている人

このステージになると、①と異なり、既にできているサービスや事業を最適化していくという仕事が中心になります。

より良いオペレーションを考え、実行することに重きが置かれます。

そして、データをしっかり取って、地味な検証等を繰り返していくというような、意外と地味な作業が多くなってきます。

はたから見ていると①で立上げをした人が、②のステージも引き続いてやることがBESTの選択であり、本人もそれを望むことが多いです(自分の作った事業なんて、かわいくてしょうがないですから)。

しかし、このステージに入ると①を得意する人たちは、困惑することが多いです。

能力的にできないとかそういうことでなく、今度は、爆発力よりも、安定的な作業をひたすら続けることが多くなっていくからです。そして、上でも書いたようにモチベーションの維持が難しくなってきます。なので、このステージは、正確で、こつこつと小さなことを積み上げていけるタイプが向いているのではないでしょうか(なお、すごい経営者さんとかは、①②どちらもいけるんだと思いますし、①のステージでも小さなことを積み上げていっているとは思っていますが。)。

 

③(10を11にするステージ)が向いている人

さて、このステージになるとどうでしょうか。既に伸びるところまで伸びたと思われる事業をさらに次のステージへもっていくところです。最近の日本の伸びや悩みとかってこのステージでうまくいってないのかな!?なんて思ったりします。

このステージになると、②のステージでなされていた安定的な作業を繰り返していても、正直もう事業は大きくならないし、しりつぼみになっていきます。新しいマーケットをとりにいったり、既存の資源を使いつつになってしまうのですが、いままででは考えられなかった発想だったりが必要になります。

①②のステージに向いている人。。どちらがこのステージに向いてるかというと、私はここで、再び①の変人の力が必要になるのではないか!?と予想しています(「予想」なのは、このステージは経験したことがないからです 笑)

このステージでは、①に比べて、すでに出来上がっている事業があるため、しがらみだったり、反対勢力だったたりが、強くかなりやりにくくなっていると思いますが、①を得意とする人は、その爆発力で次のステージをこじ開けていくんではないかと思います。

 

ここまで、書いてみて思ったのですが、、、やっぱり今の日本には、「斬新な人が必要だよ。。。」みたいな世の中でよく言われてるつまらない結論になってしまった。。。(^ ^;)

 

それでは~

 

 

 

 

 

永吉 啓一郎

永吉啓一郎 愛知県知多市育ち。 弁護士。 新規事業(税務調査士認定講座等)の立上げを中心に活動。ECサイト等ITに強い。

カテゴリー: 考え方, 雑談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>